2018.12.15    Hello!! Welcome to The DIGITAL-BR!! Please view slowly..



花福窯ポスター

2007年 8月 / ポスターデザイン

担当 / Eiko Goto

花福窯ポスター

陶芸家・花城紀之氏が陶芸教室をもっと広めたいから
教室の外に貼るポスターと教室におくチラシのようなものを
作れないかと言ってきた。
それならば、ポストカードはどうかと勧めた。
ポストカードならそのまま切手を貼ってだせるし、
チラシのように捨てられないしいいのでは?
ということでポストカードも作成。

問題はポスター。
雨ざらしになるからインクジェット+ラミネートでは
耐水、耐光性に欠ける。

1枚だけの作成だからポスター印刷では単価が高過ぎる。
そこでテントによく素材のPET印刷に決めた。
これならば耐水、耐光性もバッチリ。

花城氏は今は二階建ての古い木造のアパートを改造し
1階の外には窯があり
店内は教室、作成室。二回がギャラリーとなっている。
彼は自分の感性で焼き続けている。

そして福岡の知り合いの雑貨ショップにも作品を置いている。
私もこういうイメージで・・とお願いし、
大皿と姉の遺品であるアクセサリー入れを作ってもらった。

花福窯は温もりがありいい味の作品が多い。
彼の出す色加減が私は好きだ。
陶芸も習いたいが時間がなかなかとれないので
いつかはとは思うのだが。。

今回の彼のポスターには、花福窯のこだわり、
彼の人柄もよく伝わるよう、彼自身にモデルになってもらった。
私がカメラのファインダーを彼に向けると
彼は緊張の色もみせずに、もくもくと自然に作品を作っていた。

こんなアップ、恥ずかしいからちょっと・・という彼だったが、
その作品はこういう人が作っている!
こういう先生に教わる!とアピールしたいから、
ぜひ、載ってほしいといい、彼に登場していただいた。

出来上がりを見ると満足してくれたようで
自分自身がアップで出ててもまんざらではない様子。

全体の色のイメージも彼がよく愛用する色・グリーンを
全体カラーに使った。
彼の作る温かく、味のある作品がこのポスターで
表現出来てれば何よりだと思う。

Page Top